白髪染めの種類

一口に白髪染めと言っても種類は色々あります♪

女性イラスト

一口に白髪染めといっても、その種類は色々あります。ヘアカラー、ヘアマニキュア、一時染め大きく分けて3種類あります。分かりにくいのは、ヘアカラーとヘアマニキュアの違いです。

ヘアカラーは、髪のメラニン色素を分解して、髪の内部まで色素を染み込ませるタイプです。要するに一度脱色したうえで染めると言うワケです。ですから、白髪も黒髪もほとんど同じ色に染め上がるのが特徴です。ただ、脱色するので髪が多少傷みます。
ヘアマニキュアは、メラニン色素の分解はせず、髪の表面だけに色素を吸着させるタイプです。白髪はキッチリ染まり、黒髪は若干ニュアンスが変わる程度に染まります。ですから、ヘアマニキュアの場合、自分の髪色に近い色を選ぶのがポイントです。

トリートメント効果のあるヘアマニキュアが人気

ヘアカラーは少なからず、髪を傷めてしまいます。一方、ヘアマニキュアは、髪への負担がほとんどありません。最近人気なのが、利尻昆布 白髪染めのような、トリートメント効果のあるヘアマニキュアです。

着色成分も、ウコン、クチナシといった植物由来の染料を使用していますし、今まで美容室へ月に1、2度ヘアカラーに行くことを考えると、圧倒的にコストが安いです。毎日でも、1週間に1度でも、月に1度でも自分のペースで白髪染めができるのもポイントです。

自宅の風呂場で普段のトリートメントと同じように使うだけで簡単というのも、人気のポイントです。商品によって放置する時間が異なりますが、利尻昆布 白髪染めの場合、5〜10分程度の待ち時間でOKです。


seo great banner
モバイルデータ通信