白髪染めの選び方

白髪染めの選び方は髪質次第

白髪染め

髪質は、硬毛と軟毛の二つに分類できます。読んで字のごとく、硬毛は硬くて太い毛で、軟毛は柔らかくて細い毛です。一般的に、柔らかい方が染まり易く、硬い毛は染まりにくいです。白髪染めを選ぶ際に、自分は硬毛なのか軟毛なのかを意識して、カラーを選ぶのが大切です。

明るい色に染めたい場合、軟毛の方は希望通りの番号を選びますが、硬毛の方は希望のカラーよりも1つ明るい色を選んだほうが良いでしょう。暗い色の場合はその逆です。軟毛の方は染まりすぎてしまいますので、希望のカラーよりも1つ明るい色を選びましょう。実際に染める時も、塗布する量や放置する時間を調節する事がポイントです。

髪質の違いによる、染まり易い色・染まりにくい色

髪質の違いによって、色の相性があります。茶髪に染め上げたい時に、黄色がかった明るい色なのか、赤みがかった落ち着いた茶色なのかで、差が大きく出ます。

軟毛の方は、黄色系の明るい色だと、白髪も黒髪もどちらも馴染みやすくキレイに仕上がります。硬毛の方の場合、黒髪が染まりにくいので、白髪だけが浮いてしまい易いです。

赤みがかった茶色の場合、軟毛の方は希望通りに染め上がりますが、持続しにくいです。硬毛の場合、白髪にも黒髪にも馴染んでキレイに仕上がります。

白髪の量によっても選ぶ白髪染めを変えましょう!

白髪の量によっても、カラーの選び方が変わります。白髪の方が多い人と、黒髪のの方が多い人では、同じカラーを使っても、仕上がりに差が出ます。白髪の方は明るめに、黒髪の方は暗めに仕上がります。

ですから、商品のパッケージ通りの染め上がりを求めるのであれば、白髪の多い方は1トーン暗め、黒髪ベースの方は、1トーン明るめを選ぶと良いでしょう。

髪質、白髪の量によって、選ぶカラーを変える事が白髪染め 選び方のポイントです。


seo great banner
モバイルデータ通信